pamabe_log

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

予想外!? 学資保険は豪ドル建てになりました。

どうも、『ぱまべろぐ』へ。
生後3ヶ月…学資保険に加入。

 

 

 

そもそも学資保険って…?

まず、コレを理解していなかった私。

子ども教育資金の確保が大きな名目で、医療保障や死亡保障なども合わせて加入できる『保険』。
教育資金の確保なら『積立』では?と思っていましたが、基本的な保険がついているので…『学資+保険』。

一般的に幼稚園〜高校まで公立だと約170万円、私立だと1,124万円とか…恐ろしい。なんとか公立で頑張ってほしい。
大学・専門学校もとなると…。


怖いが、勉強になった。

 

 

で、コレに加入。

親戚に保険屋勤めがいるので、完全に任せたので一切の比較をしておりません。
こんなのもある…って参考までに、では。

『三井生命 ドリームクルーズプラス わくわくマーチ』

外貨(豪ドル)建ての一生保証と資産形成商品の被保険者14歳以下バーション、“契約年齢範囲65歳まで”なので、本来は個人年金商品なのだと思う…調べるの面倒くさい。

【参考リンク】三井生命保険株式会社|ドリームクルーズプラス

 

 

特徴。

支払いは豪ドル建て。
月額の支払いは豪ドル建てなので、円にすると毎月変動しますが初回分は10,558円(126.81豪ドル)でした。
急騰・暴落しない限り、月額はおおよそ1万円前後…予定通り子ども手当の範囲内。

生存給付金。
15歳契約満了時までに、契約後3年ごとに合計5回生存給付金が受け取れる。
必要なかったり、為替レートを考慮したり…据え置くことも可能。据え置いた分はいつでも受け取れる。
設計書によると4回目まで基本保険金額×3%、15歳満了時基本保険金額×15%。

一生涯保障。
基本的には円建て終身保険と同じ内容。医療保障もつけられるが、医療費助成制度があるのでわざわざ付ける人は少ないらしい…なのでナシ。

良くも悪くも外国為替
為替レートの変動から、掛金・給付金額が変動する。もちろん損する場合もある…が、2.5%(最低保障2.0%)の予定年利設定があるので丸々損することはないハズ。ここが投資ではないという部分。

長期的なモノなので、投資でいう“ドルコスト平均法”の考え方。
あとは、オーストラリア次第。

そのまま続けてもOK。
15歳で契約満了になりますが、個人年金として続けるのもOK。
先のコトは分からない。

 

 

良いか悪いかは…。

ざっくりまとめると、
『豪ドルで保険料の支払いと積立。積立分は契約満了までに5回の給付金をどうぞ。基本的に金利の高い豪ドルなので、長期的にみれば恐らく円より有利ですよ。暴落しても年利2%は保証するよ〜。』
ってことだと思う。

(2017.06.12現在)1豪ドルは83円前後で過去10年の平均は86円前後。
満期までに…
10年平均価格に向かうのか?
更に下がり続けるのか?
ダラダラ現状価格あたりを上下するのか?
プラス、オーストラリアの政策金利はどうなる?

ってことで、良いか悪いかははっきり言って分かりません。

ま、基本的に良くも悪くも『一大事』にはならないだろうという判断で、加入しましたとさ。
ではヾ(^_^)BYE




多少なりとも為替の知識がなかったら不安だったかもしれない。