pamabe_log

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

10万円でお試しプチ運用…『楽ラップ』開始。

どうも、もとひろです。
“一個人がちょっとした投資を始めてみたよ〜”ってだけの薄い内容なので悪しからず。

 

 

 

『楽ラップ』とは何ぞや。

ラップサービス。

投資一任運用の一種で、リスク許容度や投資目的なんかを考慮して専門家に投資をお任せする。最近はロボアドバイザーというプログラムに任せたものも増えてきました。

楽ラップ

楽天証券のロボアドバイザーファンドラップサービス。

 

 

良いとこ。

少額から始められる。

THEOなんかも有名ですが、同じく10万円から運用が出来るという敷居の低さ。
と言うわけで、年利0.001%でゆうちょ銀行に寝かせている“ささやな貯金”の一部を使ってお試ししてみることに。

簡単申し込み。

楽天証券口座があれば、15の簡単な質問に答えるだけで自分に合ったポートフォリオが作成され、それで良ければ申し込むだけ。
あとは自動で運用されます。



難しい質問は1個もナシ…診断は無料。

 

 

悪いとこ。

当然リスクも。

投資ですので、マイナスになるリスクが当然あります
私の場合10万円での運用なので、例え20%のマイナスになっても2万円…勉強代だと割り切ってます。

手数料がかかる。

これも当たり前…楽ラップは1%(以下)程度と安い方です

 

 

その他細かい話。

これを完全に端折りました。

そもそも投資信託とは、一般口座と特定口座、手数料コース、解約後のコト、どういったトコロに投資されるか、他社サービスとポートフォリオの内容がどう違うか等々、知っておくべきコトは多いのですが…

端折りました。
勉強しよう。

 

 

放置します。

たとえ金額が少なくてもリスクもある“投資”である以上いい加減なコトは言えないので、滅茶苦茶端折って…興味あれば後はキチンと勉強してください。

というスタンスで書きました。一個人のただのメモです。

そして、ただただ放置。
日ごとの経過を一喜一憂するものでもないので、半年〜1年後にでも経過報告できればと…。



申し込みから2日後…運用が開始されていました。
良し悪し分からないので、やっぱり放置するしかない…。



黙っていたら損する時代だと私は考えているので、お金が無いなら無いなりに足掻いてやろうと思う次第です。
ではヾ(^_^)BYE

 

 

知識と経験…どちらも大切だと思う。

広告を非表示にする