BABY & MONEY

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

BABYの成長の嬉しさと寂しさ…、育児を100%楽しむ。

どうも、『ぱまべろぐ』へようこそ。
生後2ヶ月…しみじみ感じるコト。

 

 

先輩BABYにふれて…

我がBABYも無事に2ヶ月を迎え、ジワリジワリと重く、太くなってきました…。

先日3ヶ月早く産まれた、生後5ヶ月の友人の赤ちゃんが遊びに来てくれたので、抱っこしたのですが…

重い。そして…カタい。

腰のすわりはまだ甘いらしいのですが、首はガッチリ。まだ全身フニャフニャの我がBABYと比べると、雲泥の差。

こうやって成長していくんだな〜、

そしてこうなるのか。

 

 

あと少しで…

首がすわっていないBABYを抱っこする時は、当たり前だけど首を支えないといけない。重くなるにつれて抱き上げる時など、これがなかなかの重労働になってくる。
私もMAMAも、早く首がすわらないかと常々思っています。

ただ、実際に首のすわった子を抱いてみると…

フニャフニャの身体ってのも愛らしい…この抱き心地もあと少しなのかと思うと少し寂しい…。


腕枕だと、油断してたら首ぶら〜んってなる。
…気持ちよさそうに寝るけど。

 

 

成長ってのは、これの繰り返しか…

日々愛でている原始反射もいずれなくなり、指を握ってくれなくなる。

ずり這い、ハイハイをする姿は絶対カワイイだろう…しかし、ただただ布団の上に転がって泣いたり笑ったりする今の姿はもう見られなくなる。

立ち上がるようになって、一緒に歩いて散歩したり遊んだりしたい…でも、その頃には私の好きなプニプニの足の裏はなくなってしまう。

スクスクと成長する姿を見られるのは嬉しいが、やっぱり寂しい…。


この写真が懐かしくなる日がくるのか。

 

 

頑張るよりも、楽しむコトに。

BABYが退院し数週間後、おへそのカサブタが剥がれて出血していることがありましたが、当然今はキレイに乾き普通のおへそ。

過去にそんなことがあったなんて、忘れてしまう。

大半をMAMAに任せている育児ですが、初めてということもあってご多分に漏れず大変なコトの連続です。

“辛い”と感じる日もあります。

ただ、辛い辛い…とばかり考えていたらあっという間に成長して『カワイイ今』を見逃してしまいそうなので、今はグズりもギャン泣きも全部コミコミで100%楽しむようにしています。

『頑張って育児をしようっ!!』って考えていたら、たぶんカラダがもたないと思うし…。

まだ2ヶ月の新米ですがMAMAと一緒に、泣いているBABYの姿をニヤニヤしながら眺められる余裕が出てきた現在を1ヶ月前の自分たちが見たらビックリすることでしょう。

気づいた時にはカサブタのようにキレイさっぱりなくなって、後は何ごともなく新しいBABYになってしまうのは親としてとても勿体ない気がするので。
ではヾ(^_^)BYE

 

タイトルが私のイメージ通りだっただけ…読んでない。

広告を非表示にする