BABY & MONEY

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

Let'sお宮参り…あれやこれやが分からない。

どうも、mothirです。
お宮参りに行ってきました〜。

 

 

さて、お宮参りとは?

BABYの誕生を祝い、健やかな成長を祈る儀式です。
だいたい生後1ヶ月頃に行うようですが、正式には男の子は生後31日目、女の子は32日目とするらしい…が、そんな都合良く行けるワケもなく神社の予約が取れた日、BABYの生後1ヶ月が過ぎたとある日曜日に。

私も七五三でお世話になったらしく…地鎮祭もお世話になった縁もある地元の神社。

BABYは機嫌よくしていてくれるだろうか。

 

 

イロイロ疑問の多い準備…

初めてのBABY、初めてのお宮参りなので準備段階から分からないことだらけ…。ネットである程度調べられるけど、鵜呑みにして恥ずかしい思いはしたくない。

疑問その1▶のし袋
のし袋は近くのギフトショップで手配。手書きで名前等を記入してもらえるのでいつも利用しています…さすがの達筆。

のし袋にはBABYの名前を書きます…念のため読み仮名も入れてもらいました。(祝詞に名前が入るため、事前に両親と子どもの名前の確認があるので間違いはないと思うけど…)

疑問その2▶初穂料
『初穂料』『玉串料』が一般的だと思います。どちらも神様への捧げ物の意味なので間違いではないらしい。
地鎮祭のときも『初穂料』にしたので、今回も。

金額の相場は5,000円だとか…神社に直接問い合わせても、やはり相場は5,000円でした。安産祈願へ行った別の神社では『5,000円+お気持ち』だったので、初めての場合は直接確認しておいた方がイイです。
私たちは夫婦+BABYだけでしたが、おじいちゃん・おばあちゃんも一緒となると5,000円では少ない気もする…(個人的な意見)。



疑問その3▶服装、衣装
あまり仰々しくするつもりがなかったので…
PAPAはスーツ(準礼服)、お祝い事なので明るめのシャツとネクタイ…黒ネクタイはやめましょう。

MAMAは黒のフォーマル…入卒園(業)式にも着ていけるような、カジュアル感のあるデザイン。どう言ったら分かりやすいのかが分からない。
気合い入れてMAMAも着物…でも良かったのですが、3人だと身動き取りずらいのでやめました。

BABYは普通の服、後ほどフォトスタジオの貸衣装の着物…濃い赤に昇り龍。

神社内、御祈祷時は抱っこしたMAMAの上から羽織る…なんか見たことあるスタイルに。
これぞお宮参り…って気分になる。

 

 

いい記念。

やらないといけないワケではないのですが、人生で1〜2回しか経験できないだろうからやっておいて損はないと思う。
と、いうかBABYのためにやることだし損得ではない。

これも、なんか見たコトある…

こんな写真も撮れたし、撮影中BABYはご機嫌だし…御祈祷中は爆睡、かと思いきや突然「あぁ〜〜」と唸ったり。私は足が痺れてヤバかったり…。
初めてのことで分からないことだらけでしたが、楽しめました。

神社から頂いた御守りは、なるべくBABYの近くにと思いベビーベッドにぶら下げて、見守っていただいております。

BABYよ元気にすくすく育っておくれ。
ではヾ(^_^)BYE


私のネクタイ…頂きモノ。

広告を非表示にする