pamabe_log

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

写真の選別&シェア…無線LAN機能付SDカード購入。

どうも、もとひろです。
BABY & PRIVATEに。

 

 

スマホで写真を。が、ちょっと問題…。

BABYが産まれたら、まず間違いなく写真撮影の機会・枚数が増えるでしょう。ウチの場合、特にMAMA。
撮影するのは良いのですが、想い出ということで撮った写真は基本的にすべて削除しない性格なので、すでに写真が溢れかえっております。

クラウドの無料バックアップ容量を超えているので、今は私のPC&外付けHDDに写真のみバックアップをとっているのですが…末恐ろしい。
写真はなるべく全て残したい、バックアップ中はスマホが使えない…などなどの注文を受けまして。

で、購入いたしましたのが…

東芝 TOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir III 最新世代 Wi-Fi SDHCカード Class10 日本製 [並行輸入品] (32GB)

要するに、スマホ・PCからWi-Fiでアクセス出来るSD(HC)カードです。 

FlashAirの他にEyefiという商品もあるのですが、私が調べた範囲では“Eyefi連動モデルのカメラ”以外では写真の選択送信ができず、全画像一括送信みたいなのでコチラにしました。

我が家の場合、一括送信では意味がないのです。

 

 

これで解決するのだろうか?

MAMAには基本このSDカードをセットしたデジカメで撮影してもらい…そこから、SNSに上げたい・欲しい写真を『選別』していただく。その他の写真は残したければ、残しておいてもらえればOK。

これで、MAMA'sスマホの爆発的写真枚数の増加を防げます。かつ、バックアップはSDからPCにすれば良いので簡単。SDカード自体にも保存している状態なので、2重3重のバックアップになるかな〜。

32GBにしたのは、16GBと数百円の違いしかなかったから…。32GBあれば、iPhone7の画素数換算で3,500枚程度撮影可能(らしい)。
さすがに、数ヶ月で3,000枚とか撮影することはない…と、思いたい。

おそらくコレ1枚でMAMAの課題はクリアできるはず。

 

 

ざっくり使用感。

わざわざPCからWi-Fiでアクセスすることはないので、スマホのみで。

セッティングはめちゃ簡単でした…

  1. 専用アプリをインストール。
  2. SDカードをカメラにセットして、電源を入れる。
  3. スマホWi-Fi設定からFlashAirを選ぶ。
  4. アプリ起動、パスワード入力。


以上、約3分の作業。
問題なくSDカード内のデータが一覧で表示されました。
テストに写真をスマホへ保存してみましたが、1枚数秒とストレスなく保存完了。100枚くらい選んだらどうなるんだろう…。

ただ、オートオフ機能があるカメラでは設定時間を長めにするかOFFにしておかないと、選んでいる最中にカメラの電源がオフになって…切断されます。
テスト中に突然『FlashAirとの接続が確認できません』…???と、思ったらカメラがOFFに、この機能は忘れてました。コレ要注意。


写真を撮れる日が待ち遠しい…
BABY写真のバックアップ用に外付けSSDも欲しいけど、もうお金が…
ではヾ(^_^)BYE