BABY & MONEY

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

我慢の限界…リビング階段のこと。

マイライフ

どうも、mothirです。
今回は、ちょっと家のこと。

 

リビング階段ってやつは…。

完全注文住宅が売りの地元の工務店で、こぢんまりしたマイホームを建てた私たち。“完全注文”なので、大きな不満もなく自分たちに合った家になったのですが…。

一応、リビング(居住空間内)に階段があるのが『リビング階段』。我が家は、階段自体が空間内にあるのではなく、階段の入り口が居住空間に面しています。

メリットは、必ず顔をあわすこと。特に子どもが大きくなった時に2階の部屋へ向かうにも姿を確認できる、気にかけられる。(子どもは嫌かもね…)この理由からリビング階段を選びました。
階段自体がリビング内にある場合は空間が広く感じられることもあります。

デメリットは…寒い。料理によっては少し匂いも…あと、寒い。
知らなかったワケではないけど、(後で調べると)高断熱・高気密は最近の住宅ではあたりまえの事らしく、業者側としては性能が悪いというイメージをもたれるのを避けるため『リビング階段は寒い』とは言いたくないらしいです。

 

何回もいうけど、寒い。

システムとしては当然で、暖気は上昇し2階へ向かう→寒気は下へ向かうのにプラスして、暖気に押しやられて循環するが如く1階へ降りてくる。
住宅の性能うんぬん関係なく、冬に暖房をしていない2階の空気が温かいわけない…。

我慢できるくらいかな〜、と淡い期待もあったけどデメリットを満喫しつつ2回目の冬を迎える今年…
もう無理。

 

対策は簡単だけど…コストが…。 

簡単なことで階段を仕切ればよい、必要なサイズは約770×2,000mm。
ただ当然ながらコストはかけたくない。

仕切る案①…カーテン
カーテンレールを付けるのは面倒、却下。
突っ張り棒でOKなやつ。階段用ってのもあるがダサいのしか見つからない、却下。
だいたい2,000円くらい〜、セミオーダーになると…。

仕切る案②…ロールスクリーン
スッキリ収まって見栄えはGOOD、セミオーダーで7,000〜8,000円。
突っ張りタイプで設置すると、専用器具が3,000円くらい……却下。

仕切る案③…布&カーテンクリップ
MAMAがたまに行く、アジアン雑貨の店にあった布。少なからず柄も選べてローコスト、採用っ!!
100×220mmのもので1,500円(セール中)…プラス、クリップと突っ張り棒で200円、安い。

 

で、どのくらい仕事をしてくれるか…

1,700円とは思えぬ、良い仕事してます。
ヒラヒラするので完全ではないけど、冷たい空気は激減。特に階段前のキッチンがほんのり暖かい、本来ならこうあるべきのはずだが…。
これで過ごしやすくなって、電気代も節約になるはず、今まで2階まで暖めようとしていたのだから…。

ちなみに、友人宅は階段に引き戸がついていて…階段がスッキリ隠れて、お洒落感も。もう少し考えれば良かったかな〜、ちょっと羨ましい。

リビング階段は地域によっては、要検討。
ではヾ(^_^)BYE

 

 

広告を非表示にする