pamabe_log

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

産婦人科選び…本気で気に入らなかった病院と、いま。

どうも、もとひろです。
『選び方とういう情報』ではなく『選ばないといけない』と思ったこと。

 

地元の産婦人科事情。

私の地元では、産婦人科はほぼ2択です。もう1つあるにはあるけど、その病院で出産した話を“全く”聞いたことがないので除外。

1つは、総合病院にある産婦人科
知人の多くはココで出産を経験しており、それなりに情報もありました。私たちも初期の初期はココを受診し、数回検診にも通っていました。
評判が悪いわけではないです。

もう1つは、個人病院。
いまお世話になっていて、出産もコチラでお願いしております。(私は1度しか会ってませんが)良くも悪くも少しユル〜い感じの先生で、MAMAはその感じが気楽で良いらしいです。
少なからずコチラで出産している知人もおり、評判は上々。

 

 

その対応は気に入らないっ!! 

失敗したのは総合病院の方、今のBABYさんよりも前の話。

妊娠検査薬で陽性反応があり、すぐに病院へ行くことに…この時は近いこともあって、迷わず総合病院の方へ。そして、妊娠しています…と。

ただ、2〜3週後(だったかな?)に出血があるとMAMAから報告があったのですぐに受診予約の電話をし病院へ。この時の病院側の対応は、

『よくあることです。』


忙しそうにそれ以上質問もさせてもらえず、MAMAはこれだけ言われて帰ってきました。

ここで違和感、なんだこの対応は?
本当に『よくあること』なのかもしれないけど、それは多くの妊婦と出産を見てきた病院(医師等)にとってであり、始めて子どもを授かった者にとっては決して『よくあること』ではない!!
出血の原因の説明もなく、よくあることもクソもない。

その後も出血はあり、お腹に痛みを感じることもあったようなので再度病院へ行くことにしたのですが…総合病院の方へ行かせるわけないですね。

 

 

個人病院へ…その結果。

個人病院での診察結果は、着床がうまくいっておらず子宮内に傷がついて出血していたのだとか。
染色体の異常という例での早期流産は希ではないこと、これは自然淘汰のようなもので何をどうして防げるものではないこと、そしてその覚悟をしてほしいとのことでした。

結果は診断通りになってしまいました。言葉に出来ないくらい悲しかった…ただ、この病院の医師の正確な説明はせめてもの気休めになったと思ってます。

 

 

セカンドオピニオン…的なことも。

『よくあること』には間違いなかったかと言えば、間違いありませんでした。ただ、どう考えても説明不足だと思います。忙しいのか何なのか知らないけど、事務的に作業みたいな説明しかしないところも現実にあるということです。

(MAMAさんの性格も考慮して)不安があったらすぐに他の病院で一度話を聞いてみることも重要な選択肢の一つです。結果は同じでも、気持ちは大きく違います。
特に初めての場合、『よくあること』なんか一つもありません。全てが始めてなんです。

始めてで、かつ初期の診察・検診は旦那さんも付き添うか、医師(病院)に対して不満・不安はないか…MAMAに細かく聞いてあげれば良かったと思う。

その後はめでたく?病院を変えて…少しの妊活期間を挟み…今のBABYへと繋がります。個人病院の方はMAMAも信頼しており、楽しく検診に通い、最近は医院開催のマタニティヨガにも参加してます。


妊娠超初期のプレパパさんは、是非話を聞いてあげてください。
ではヾ(^_^)BYE

 

 

広告を非表示にする