BABY & MONEY

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

投信積立、ド短期テスト運用のこと。

お小遣い


どうも、mothir(モトヒロ)です。

投資初心者の一般人が奔走してます、って言うだけの話を長々と…
といった感は否めないので悪しからず。

 

 

投資信託(積立)

『投資家から集めたお金で、運用の専門家(?)が運用する。で、その運用成果を投資額に応じて分配される』金融商品。投資を毎月積立てていくのが『投信積立』。めちゃくちゃ端折りました。

今回のテストは月1,000円で4ヶ月(心の痛まない金額)、計4,000円がどうなったかです。はい、ドンっ!!

細かいことはぶっ飛ばして…値動きが荒いらしい投資信託を買ったら、しっかりマイナスになったってこと。


(個人差はあるけど)大きな金額の投資でない限り、ハイリスクハイリターンでも損益は少なくすむのでそれもアリかな?と、思って選んでみた結果が−440円(−11%)です。これをどう捉えるかは自由です。

ただ、これは積立の話。メリットは投資の分散です、そして長期運用が基本。いつどれだけ買ったら良いか分からない私のような初心者でも半ば勝手に毎月投資されます。そうです、高いときも安いときもあるということです。(詳しくは『ドルコスト均等法 - Google 検索』)

なので、たった4ヶ月の結果でどうこう言える話ではないのですが今回の場合、少額とはいえさすがリスクが10%を越えるのはちょっとな…と思って解約。

 

 

なんでこんな事やっているのか。

吹けば消し飛ぶような銀行金利に比べたら、デメリットは許容範囲内の投資だと思ったのが始まり。ただ知識が乏しい、情報だけでは本当のところが何も分からないのでさっさと買って、積立設定もしてみた。

このブログを始める前にも約8ヶ月間、同じく月1,000円(安定系といわれてる他のファンド)で試していて、こちらは一応プラスでした。
色々なファンドにちょっとずつ…みたいなことやっていたら自分が何をいくら買っているのか分からなくなって全部解約。投資は計画的にやろう。
要するに、『安定運用系』と『ハイリスクハイリターン系』のどちらも試してみたのです。

私の結論は、『安定系』。
安定系はローリスクローリターン(またはミドルリターン)ですが、今の銀行金利よりとは比べものにならない。リスクを忘れちゃいけないが…。
いったん全解約してスッキリしたので、もう一度調べ直してキリの良い年始から再投資する予定。私のお小遣いから捻出されるので、当面は月1,000円を2種類でやろうかと模索中。

念のためっ!!
投資は私のお小遣いの範疇なので好き勝手にやっていますが、少額だからと適当ではありません。特にリスク管理は勉強してます。生活費から支出されるのであれば投資ではなく金融機関の積立預金にします。家族をリスクに巻き込みたくないからね〜。BABYも当然、こちらも学資保険とか?そんなのにする。
興味あったら、下の方でもう少し補足しおきます。


小さな小さな投資話でした。
ではヾ(^_^)BYE
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

興味のある方、どうぞ。

投資信託はこんな環境ではじめました、必要なのは証券会社の口座開設と入金のみです。(記載事項は2016年11月19日現在)

使用している口座は楽天
もともと楽天銀行の口座を持っていたこと、楽天銀行楽天証券の口座連携サービスのマネーブリッジに加入すると楽天銀行口座の金利が0.1%(税引後0.079%)になり、お得かな〜と即決。

もちろん楽天証券だけでも問題なし。
楽天証券は1,000円から積立可能ですが、500円から始められる会社もあるのでそこはお好みで。各社ホームページに初心者用の詳しい説明があるので、調べていけば“ある程度”の知識はつくはず。良いことの方に偏りがちな気もするけどね…。

素人の所感。
すぐに結果は出ないので気長に。貯金をやめて投資信託にするようなリスキーな馬鹿でもない限り、そんなに難しい投資ではないと思う。自己責任で。

広告を非表示にする