pamabe_log

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

Bowwow、子授け&戌の日祈願。

どうも、mothir(モトヒロ)です。
たびたび過去の話、時系列なんてない。

 

戌の日、安産祈願。

遡ること2ヶ月、2016年9月19日。
戌の日の安産祈願に行ってまいりました。正確にはその日は『戌』の日ではないのでけれども、二人の都合が合う日がなかったので…。

恥ずかしながら私は『戌の日の安産祈願』というものをまったく知りませんでした。
MAMA「そういうのあるらしいから、行ってみたい。」私「あ、はい。了解です。」みたいな感じ。人生で経験できる回数は限られているので、ぜひ行ってみよう。

お願いしましたのは、京都市内の某神社。知ってる人もいるかも、『うさぎ』のところ。気になる場合は『京都 うさぎ 神社』でどうぞ。

 

 

一応だけど、どんなものか?

妊娠5ヶ月目の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願をする風習のようです。犬はお産がかるい…ってことからきてるとかなんとか。

お世話になった神社の場合は腹帯は持参で、その他、安産のお札やお守りなどがセットになっていていました。で、全部まとめて一緒に御祈祷をうけます。
神社によって違いがあるらしいので悪しからず。
祈祷料は……「〇〇〇〇円の祈祷料+お気持ち」と言うことでした。
時間は、だいたい30分くらいだったと思う。
私が御祈祷を受けたのって、覚えてる限り今回で2回目なんで勝手が分からない。流れにまかせてって感じ。


その後は、おみくじ引いて終わり。
ここのおみくじはうさぎの入れ物に入っていてかわいいすよ。今も玄関に飾ってあります。

 

 

 

もう一つの目的…

実はこの神社へは今回3回目の訪問で、妊娠する前に子授けのお守りを買っていたのです。子どもが出来る前に2回参拝しておりました。
そのお陰か無事子どもを授かることができたので、御守りの返納と神様へ妊娠の報告です。御利益ありました、ありがとうございます。

ちょっと話がそれますが、妊娠は(持病とかを含まず)奥様の精神状態・ストレスがすごく影響すると思っています。思っているというか実感した。
なので、もし奥様が悩まれていたら『神頼み』&『気晴らし』にお出かけするのも良いと思う。

 

 

あとは、待つ。

安産祈願も終わって、だいたい準備もできたきたので後は待つ。MAMAを支えて、そして出産を応援する。
無事生まれた際には、もちろん御守り・御札の返納と報告に行く予定なのですが……実はこの神社へは、我が家から車で片道2時間弱かかるのです。ちょっとBABYには負担が大きそうなので遅くなりそうです。
そんな理由から、お宮参り等は地元の神社かな。

子どもを連れて、必ず行くのでそのあたりご勘弁ください。


ん〜、良い経験ができた…。
ではヾ(^_^)BYE




広告を非表示にする