BABY & MONEY

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

粉ミルクのサンプルたち…我がBABYは好き嫌いなし。

どうも、mothirです。
生後0ヶ月…粉ミルク。

 

 

母乳?粉ミルク?それとも混合?

以前にも少しふれましたが、我が家では母乳と粉ミルクの混合で育児をしております。昼間は母乳のみ…夜間は少しミルクを足しています。
BABYの腹時計はかなり正確で、母乳のみの昼間は2時間…ミルクを足す夜間は3時間…前後誤差20分くらいでグズグズ言い出します。

…爆睡して1時間くらいオーバーすると、ギャン×2泣きます。分かりやすいヤツ。

昼間MAMAがお出かけで、私とBABY二人で過ごす時に限り“ミルクのみ”のお食事となります。



この後数回、2人で留守番することがあったので私の経験値…レベルもあがっているハズ。

 

 

情報収集は…なしっ!!

どれが良いのか…っと調べまくるのが好きなのですが、ミルクに関して一切調べておりません。調べる理由となるだろうコトは…

  1. 価格的なコト
  2. 栄養的なコト

この2つになると思うのですが、

  1. 1日に使用する量が少ないので、気にするほどコストの差がでないのではないかと思っている
  2. 普通に売っている粉ミルクは一流メーカーさんばかりなので、“質が悪い”というコトはないと思っている

そんな感じで、どのミルクが良いのかはまったく無知です。

でも、試したいことが…

 

 

使用ミルクとサンプルとBABYと…

基本的には…明治 ほほえみ らくらくキューブ 27g×16袋入りを使用しております。これにしている理由も特にありません。
MAMAに聞いてみても…「ラクそうだったから」ということでした。

…ただ、何も調べなかった私ですが“ミルクサンプル(試供品)”は分かる範囲で申し込んでいたので、何種類かのミルクをお試しさせていただいております。
病院から貰ったもの、ネットで応募したもの…今のところ3種類が我が家にあり、私が気分で使い回しております(後日、『アイクレオ』『すこやか』ってのも応募してみました)。


もちろん、0ヶ月〜ってモノです。



ただ、ミルクを作っているだけなのですが…種類によって香りがまったく違うコトだけは分かる。甘い…牛乳感が強い…とかそんな感じですが。
味は…よく分からない。

ではでは、BABYはどれがお好みかな?
と、試したかったのはこのコトなのですが…


…どれも変わらず、お構いなしによく飲むね。

 

 

結論。

当然ながら、月齢(年齢)に量・種類ともに合うモノ、アレルギーが出ないか…とか最低限気にしながらだったのですが…

結果、我がBABYはどのミルクでも良いらしい。


明治 ほほえみ らくらくキューブ
は、20ml単位で作れるので少量のミルクが必要な場合はとてもGOOD。
サンプルのスティックタイプは、1本で100mlなので生後1ヶ月前後のBABYには1回分の量となっているのでGOOD。

キューブは、粉末タイプに比べると溶けにくい…少し時間がかかるのはBAD。
スティックタイプは細かな量の調整は難しいのがBAD。

もっと細かく調整したい…コストを抑えたい…と思ったら、缶入りの粉ミルクにするのが良いかな。

結論…どんな粉ミルクを用意するかは、どれくらいの量がBABYに必要なのかに合わせて使い分けて(買い換えて)いこうかなと思います。



完全母乳にできないコトはないけど、MAMAの負担軽減とPAPAの育児参加から我が家はそうしているだけのお話。
ではヾ(^_^)BYE




サンプルは『粉ミルク 試供品』 で検索検索…。

BABYの保険証ゲット…乳幼児医療費助成制度の申し込みも。

どうも、mothirです。
生後0ヶ月…ありがたや〜。

 

 

保険証が届きました。

過去無意味に練習(?)した出生届も無事受理され、BABYは名実共に国民・府民・市民・我が子になりました。



そして、次のミッションは…保険証の申請。
1ヶ月検診には必要になるので、早めに書類記入にとりかかりましたが…これもまた記入例を睨みつけながらの作業。
家を建てた後、住所変更届をだしていなかった…そんなコトも発覚したりとなかなか面倒くさかった。自分が悪い。

保険証なし…ってワケにもいかないので、キチンとやりましょう。
ウチの会社の場合約2週間くらいで届きました。

 

 

未就学児は2割負担。

産まれて1週間の入院期間があるのでその入院費、黄疸の症状があったので退院後1週間で診察。この時にはまだ保険証がなかったので、当然ながら10割負担…なので約40,000円の出費(だったと思う)…おぉ、高い。(すでに医療助成受理済みで、旧領収書がなく正確な金額を忘れた…)


もちろん、1ヶ月検診時には保険証があるので領収証と共に申請すれば保険診療分は返金していただけます。6歳未満の未就学児は2割負担なので…約8,000円が自己負担。

これだけでも、負担はかなり軽減。
日本の医療保険制度が充実していて良かった…破綻しませんように。


余談…
MAMAさんの入院は『出産』であって『医療』ではないので、保険適用外です(陣痛促進剤や吸引分娩、帝王切開手術など適応されるものもある)。『出産育児一時金』でカバーしよう。

 

 

お次は、乳幼児医療費助成制度。

我が市(府だったかもしれない…)では、『子育て支援医療費助成制度』というらしいです。

住民票のある市町村で、健康保険に加入している中学3年生までの子どもが助成対象となり、受給者票を交付してもらえます。

コレを医療機関で提示すると、保険診療分の費用が…
0歳〜12歳までは、入院・外来でそれぞれ1ヶ月1医療機関につき200円負担(院外処方調剤は無料)。
12歳〜15歳までは、入院は1ヶ月1医療機関につき200円負担、外来は保険診療分の負担金の支払額が1ヶ月3,000円を超えた額を申請により払い戻されます。
(私の住んでいる市での内容なので、悪しからず)

役所へ申請しに行った時の説明によると、受給者票は生まれた日から適用されるので交付前の保険診療分の差額の返金も可能だとか…。

そりゃ、するでしょう。
上述の領収証等々を持って申請に行ったところ、最終的に40,000円程だった医療(入院)費が…

入院200円、黄疸の診療(外来)200円。

計400円。

 

 

事前の心づもりだけでも…

ほぼほぼ産院や、役所などで「あれと、これと、それは申請(提出)してください」と説明はしてもらえるのですが、『申請(提出)期限』が決まっているモノがほとんどなので、事前にどこで何を申請しなければいけないのか確認しておいた方が良いと思います。

今回のケースで、40,000円程支払っていたのが400円で済んでしましましたので…「あ、忘れてた」なんてコトは許されない…と、実感しております。

申請期限には問題ありませんでしたが、私のように申請段階になって不備が見つかってしまったり…ってコトも無きにしも非ずです。かわいいBABYのために、早めの行動を…。

それにしても、400円って…感謝。
ではヾ(^_^)BYE

 

 

裕福な家庭ではないのできちんと勉強しようかな…。

我が家の布陣…沐浴は夫婦二人がかりでパパパッと。

どうも、mothirです。
生後0ヶ月…沐浴のお話。

 

 

パパママ教室で習った方法は…

MAMAとBABYが無事退院し、自宅での生活がスタート。退院日は病院で沐浴してから帰ってきたのですが……。
私たち夫婦がうまく出来るか一番の緊張事項…沐浴。

以前参加したパパママ教室(地域によって呼び方が違うかも)では、

  1. 着替え・オムツ・タオルを重ねてセット
  2. その上で、濡らしたガーゼで顔を拭く
  3. さらにカラダを拭く
  4. 脱がせた肌着でかるく拭き取る
  5. ベビーバスへ
  6. 頭・カラダを洗って、濯ぐ
  7. かけ湯をして〜
  8. 準備したタオルで拭く・着替える

だいたい、こんな流れだったと思う。
人形で実習もしましたが、夫婦共に感じたコト…

『なんか…面倒くさくない?』

 

 

どういった布陣をとるか…

てっとり早く終わらせるために考えました。
沐浴の時間は19時頃(ミルクの時間等により多少前後)、私は18時が定時なのでそこにあわせた時間。2人でやることが前提のその布陣が…コレ。


『沐浴トライアングル』…今、考えました。

  1. 着替え・オムツ・タオルをセット
  2. 私が抱っこし、湯船へ
  3. MAMAはひたすら洗う、私も頭だけ支えて首・腕・胸を同時進行…必要に応じて湯船につけたり、出したり
  4. かけ湯をして〜
  5. 拭く・着替える

“沐浴という育児項目の仕事量を軽減&時間短縮”というメリットが生まれる布陣です。デメリットは2人いないと出来ない…仕事の帰りが遅い場合には使用できないコトです。

 

 

その後の展開とか…

最初の数日は、お風呂に慣れないせいか大泣き、お風呂から上がっても大泣き…こちらは寒かったからかも。生後約1ヶ月近く経過し、今ではおとなし〜く入っています。

すでにおへそもキレイに乾いているので大人と一緒の湯船に入れても大丈夫なようですが、その場合の作業方法を考えていないのでまだベビーバスに入れています。

例えば…

  1. MAMAがお風呂に入る・洗う
  2. BABYを受け取り、洗う
  3. 一緒に湯船へ
  4. PAPAへパスして着替え
  5. MAMAとPAPA交代

こんな感じなのだろうと思っているのですが…『一緒に湯船へ』の部分でオシッコする可能性が…。ど〜しようかな〜っと思っています。
湯船に長くつかるワケでもないので、そんなコト言っていたらいつまでたっても一緒に入れない気もするし…。

どこかで踏ん切り付けてベビーバスを卒業せねば、一緒にお風呂入りたいし…。

ワケの分からぬ沐浴布陣の紹介でしたが、旦那さん(奥さん)の協力が得られるなら一度お試しあれ。
ではヾ(^_^)BYE

 

 

軽くて、コンパクト…空気を抜けば場所とらず。
沐浴トライアングルの場合、背もたれは使いませんw

PAPAの初挑戦…BABYの爪を切る!!って小さすぎる!!

どうも、mothirです。
生後0ヶ月…やってやる。

 

 

カリカカリカリ…。

BABYさんが布団に入っているとき、授乳中たまに「カリカリッ」という音…抱っこしたとき不意に「痛っ」…。
そうです、爪が伸びて布団・授乳クッションを引っ掻いているようです。

油断すると、顔に小さな傷が…グズっている時なんかはよく触るので(普段からよくさわっているケド)、傷つかないうちに切ってしまいましょう。
顔ならまだイイけど、目の辺りさわっている時は怖い…。

 

 

ちょっと小さすぎやしないか…。

そうだろうとは思っていましたが、起きている時はムリ…。バタバタ動くし、手を持ったら握ってしまうので。
この反射って赤ちゃんの醍醐味ですよね〜、カワイイ(余談)。

寝ている時か、授乳中がベスト。

事前に買っていたピジョン ベビー こだわり おていれセットのハサミを使って切ってみようと試みましたが…ちょっと小さ過ぎやしないか、爪。
特に、小指。大人の1/8くらいしかなのでは…。

ピジョン ベビー こだわり おていれセット

緊張する。
指のお肉まで切ってしまう悪しきイメージが頭をよぎる…。

が、爪が柔らかいこと、ハサミといっても刃が鋭利になっていないみたいなので“たぶん”切れない…“たぶん”。

 

 

恐る恐る…。

1つの爪を3回に分けて切るのが良いらしく…調べたとおりにやってみる。
お風呂上がりは爪が柔らかくなっているので切りやすい…とかいう情報のあったけど、全然関係なし。
大人のイメージからすると…通常時でもメチャメチャ柔らかい。


こんなイメージ。
画像は素材…ここまで伸びてはいません。


チョン・チョン・チョンっと切って、角がたっていないか確認。気になったらベビー用爪やすりアリーナ やさしく削って爪の長さをととのえる 赤ちゃんのつめきり用 やすり ベビーキュピカ! スター 7本入で少し調整。
怖いけど、何とか出来た…。

ちなみにこの爪やすり…荒い面と細かい面とが両面になっているので、少し伸びたくらいの爪だったらハサミなしでも対応できます。
MAMAは「ハサミは怖い」と、コチラのみで対応しでいます。

ただ、20本全部やろうと思ったら相当めんどくさいですケド…。

足の爪はあまり伸びていないようなのですが、何故か爪のフチがザッラザラ。こんなもんなのでしょうか?
とりあえず爪やすりでツルツルにしてやりましたとさ。

 

 

ふぅ、任務完了。

先日、朝起きるとこめかみに2cmくらいの引っ掻き傷が…爪をさわってみたら、やっぱり伸びてる。他を差し置いて薬指だけ…何で?
BABYはまだ就寝中だったので、出勤前に切りました。

爪が伸びるスピードが速い気がするのだけど…ちゃんと成長している証なのか。

ハサミでの爪切りは私の担当になりそうですが、プニプニの手を握っていると癒やされる…ので、私がやればイイか。
“育児の本当に大変なトコロ”はMAMAがやっているので、PAPAとしてコレくらいはやっておいた方がイイのかも。
ではヾ(^_^)BYE

 

ケアセットは無難なところ。この爪やすりは予想以上に好感触。
1回使い捨てにすると高くつきますが…

PAPAの初挑戦…BABYと二人っきり。

どうも、mothirです。
生後0ヶ月…少しの時間でしたが。

 

 

MAMAはお買い物。

BABYが産まれて約3週間。
買っておいた冬物のベビー服が、室内では暑そう…なんかサイズも大きいのかゴワゴワして顔が埋まってるし、しっかり腕まくりしないと袖をチュパチュパしちゃってます。

なので、もう少し薄手のベビー服を買いにMAMAは少しお出かけ。少しは気分転換にもなるだろうと思って…そう、初めてBABYと二人きりの時間です。

とは言っても、近くのショッピングセンターなので長くても2時間くらいの予定ですが。

 

 

私のミッション!!

出かける時間と授乳の時間がうまく合わなかったので、私に与えられたミッションは『ミルクを飲ます』。あと、状況によってはオムツ交換。

一応普段からオムツ交換はしている…これは大丈夫だ。
しかし、ミルク“作り”はやっていますが“飲ませる”のは初めて…嫌がらずに飲んでくれるのだろうか。



……

………。

グズることもないので特にやるコトがない。
ハイローチェアに転がしてゲームしたり、たまに抱っこしてみたり写真撮ってみたり、ムダに喋りかけてみたり。

なんて穏やかな。

 

 

緊張のミルク!!

こいつを使っております。
良し悪しはどうなのだろう?簡単でイイのですが、コストとか…母乳混合なので大量消費しないので気にしないでおこうかな。

MAMAの指示通りの量を作り…
そっと口元へ…

めっちゃ飲むね。

「舌に乗せると飲み始めるよ〜」とか「吸わなくなったら、いったん口から離そうとするとまた飲み始めるよ〜」みたいな、レクチャーはあったりして…ん、正に言われた通りではないか、ありがとうございます。

BABYの吸引力に少し驚きつつ、あっという間に終了。
病院にいた頃は、吸うのが下手で20mlのミルクに悪戦苦闘だったらしいのですが100mlをペロリ。

あとは、ゲップに挑戦。見様見真似で肩に乗せたり、座らせたりしながらトントントン…っと。「クワ〜ッ、カ〜ッ」みたいな音が出てるが、声なのか空気なのか分からない。

ま、いっか。苦しそうじゃないし…。

そして、また寝た。

あっさり終わり。

 

 

あっという間でした…。

関係ないケド…ショッピングセンターなので安いベビー服があるかと思っていましたが、なかった。仕方なく1枚3,000円程の春まで着られそうなモノを2枚…。

MAMAが帰ってからユニクロオンラインストアを見たら、シンプルかつかわいい…でもって安い。
「(夫婦揃って)あ〜、コッチすれば良かった…。」

閑話休題

結局MAMAは1時間ちょっとで帰宅しましたが、初めてBABYと二人で過ごしましたが楽しかった。
ただ、イロイロ不慣れなのでまだ丸1日二人で過ごすのは難しいかも…出来るようになった方が夫婦共にラクなので頑張らねば。


奥様に感謝しつつ、男性もどんどん育児参加しましょう!!
…と、思う新米PAPAの初挑戦でした。
ではヾ(^_^)BYE

 

買おうか悩んだケド…買ってない…。