pamabe_log

ぱまべろぐ

PAPAとMAMAとBABYのlog、あとちょっとお金。

ニッチに写真を飾ろう…なかなか思うようにならない。

どうも、もとひろ…です。
今回は写真を飾ります…。

『人知れず』をモットーにやってるブログなので、全てイラストであることご了承ください。妄想ではありません。

 

 

 

『ニッチ』に飾りたい。

BABYが産まれて数ヶ月。
写真もたんまりと貯まってきた…というか、現在1枚も飾ってないのでちょっとやってみようかな〜って話です。

一応…ニッチって?

壁をヘコませた飾り棚。メーカー(工務店)によっては1ヶ所〇〇〇円〜…らしいのですが、ウチの工務店さんは無料でした。
…じゃ〜、と言うコトで全5ヶ所に作っていただきました。


背面のクロスは色を変えて、“台”になる下の部分はフローロングと合わせた木目調です。クロスのみのシンプルなのもイイ。

現状は…

小さめのおもちゃとか…多肉植物とか…夫婦の記念の品とか…そんな感じのモノを少々。あまり有効利用されていないのが現状です。

 

 

どう飾るのかが難しい…

飾るにしても、『どう飾る』のか悩みどころ…。どうせなら気持ちばかりオサレ〜にしたいと思うのだけど、サイズの限られたスペースなのでどうも難しい。

ついでに『面白み』も欲しい…ますます悩む。

【plan A】ピンで刺す


こんな感じ。
100均でも色んな種類のピンがあるので工夫次第では…悪くはないけどハッキリ言って普通、ぜんぜん面白くない。

ピンの代わりにマスキングテープを使う方がまだ面白いかな…とも思ったけど、背面のクロスがホワイトじゃないのでテープの柄が埋もれる。

【plan B】フォトフレーム

こんな感じ。
考えることを放棄した案…これはない。
植物・小物と合わせてバランスをとれば…ないこともナイ。ただ、私のイメージではない。


【plan C】AとBの混合


こんな感じ。
迷走…ゴチャゴチャしすぎる。ニッチは物置ではない。

 

 

決定。こ、これだっ!!

悩みに悩んだ末…こういう感じに落ちつきました。


【plan D】………


背面にピン…もしくは側面にテープフックをつけて、麻紐を。
その麻紐にクリップで写真を留める

悪くない…いや、求めていたのはこういうの。


写真も加工…

写真自体はモノクロに…その上カラーでアクセントの飾りつけ(MAMAさんがアプリでやってました…楽しそうだったので全て任せることに)。

それを私が正方形(70×70mm)にトリミングしてプリント。このサイズだと我が家のニッチには4枚×2段の計8枚飾れる。
一般的なLサイズの長方形の写真より、見慣れない小さな正方形の写真はカワイイですよ。


こんなのを計15枚くらい作りました。

 

 

思惑と違う部分も…。

イメージ通りで大変満足のいくものとなりました。ただ、

『飾り方』よりも『写真の加工』…小さな正方形の写真が気に入ってしまった。

という結論に至ってしまった感は否めない。
ではヾ(^_^)BYE

 

 

 

番外…使った材料たち。

*実際使用したものとは異なります。

ニッチのサイズ・飾る枚数にもよりますが、全部100均で揃うので300円くらいで出来ました。DIYとか工作とか好きなら家にあるのでは?

BABYの成長。何とも恐ろしい言葉…『パパ見知り』。

ようこそ『ぱまべろぐ』へ。
生後4ヶ月まであと少し…こんな恐ろしいコトが。

 

 

 

BABYが変化してきた…。

生後4ヶ月を前にし、明らかにBABYの変化を感じるようになってきました。

人を見分けられているようです。

ある日、ばぁばにBABYのお守りを任せ、私とMAMAは外で用事を………っと思ったら家の中から聞こえてくる悲鳴のような泣き声。

2人のどちらかが顔を見せると泣きやむ。
“よく知っている2人がいない”と気づいたら、もぉダメ。
泣き疲れたら寝るのですが、起きたらやっぱりダメ。

さらに、眠たくて超不機嫌なトキは私の抱っこでは泣きやまない…泣く、泣く。MAMAが来るとスッと落ちつく。

MAMAの姿が見えなくなると、エビ反りになって姿を探す…そして泣く。


マジか…。

 

 

『パパ見知り』…だと。

およそ生後6〜7ヶ月頃から始めることが多いらしい『パパ見知り』。見慣れた人以外を怖がるのだそうで、「PAPAがイヤ」なのではなく「MAMAでないとダメ」なんだとか…。

機嫌悪くなかったら、誰に抱っこされてもニヤニヤしてる外面の良いやつなんで『人見知り』ではないんだろうな…。

MAMAと寝て、遊んで、買い物に行って…抱っこされて、母乳をもらってetc...etc...。
1日中一緒に過ごすMAMA、朝出て行って夜までいない私。差が出て当然なのですが…



ど〜考えても寂しい。

〇ヶ月頃〜…ってのは個人差があるし、やはり前兆なのかな。

今のところ“眠たい”などのグズグズ要素である“不安”を感じていない時には発動しないこと、ちょっと泣いて…落ちつけば、私の腕の中でも眠ってくれるコトがせめてもの救いです。


もし、私の抱っこで眠ってくれなくなったら…PAPAは飲んだくれるかもしれない。

 

 

無視します。

無視という言い方はちょっと違うような気もするが、『パパ見知り』は気にしないコトにしてます。

どうにも出来ないし…。BABYが確実に成長しているという、とても嬉しいコトでもあるので、甘んじて受け容れようではないか。

そして、精一杯かまってやろうではないか…
たとえ泣いても ( ̄∇+ ̄)キラーン

「MAMA」より先に「PAPA」と、言わせてやろうじゃないか…
…これはちょっとムリかな。


ただ…本当に寂しいのは事実です。
ではヾ(^_^)BYE

 

 

とにかくオモチャで媚びる作戦はどうだろうか。

流行ってる!?…『ハッカ油』に乗っかりました。

どうも、もとひろです。
買いっぱなしで放置だったハッカ油…、なんか流行ってるみたいなので使って見た。
思いの外良かったのでちょっとだけ。

 

 

ハッカ油で虫よけ。

なんか流行ってる? & BABYいるので、網戸用殺虫剤は使いたくない…ということでやってみました。(情報溢れてるみたいなので、適当にいきます。)

  1. スプレーボトルに水入れる。
  2. ハッカ油入れる。
  3. シュッシュ〜 ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ。


精製水を使うとか…水と油を混ぜるために無水エタノール混ぜるとか…ボトルの種類によっては溶けるとか…

調べて全無視。

溶けたら溶けたで、家にあった100均のボトルに水道水ぶち込んでハッカ油ポタポタ。100mlに20滴程度らしいけど……雰囲気。
容量多いし、他の使い道知らないのでエタノールは無し。なので、小まめに振る。


そうそう、ハッカ油はたぶんド定番のコイツです。


ハッカ油P 20ml

 

 

あ、良いかほり。

正直ざっくりしてるし、効果は不明。
“爽やかなかほり”と、虫が寄って来ないと“信じる心”で、穏やかな時間を過ごせているのだと思う。

こんなイイ匂いで虫が寄ってこないのなら、儲けもの。

匂いが切れると効果もなくなるみたいなので、窓を開ける際にスプレーをして…余るので、窓の周りや玄関周りにもスプレーしてます。

G来なければイイな。季節的にはムカデも来ないで…と、願う。

 

 

こんなこともしてみた。

毎日スプレーするワケでもない…そして、今シーズン中には使い切りたい(持ち越したら来年もやる保証がない…飽き性)なので、他の使い方にもチャレンジ。

玄関消臭&芳香

適当な小瓶に重曹入れて、ハッカ油を数滴。
玄関イイ匂い…小洒落たビンが欲しくなる。

掃除機の排気対策

ハッカ油スプレーをティッシュペーパーに吹き付けて、適当にちぎって掃除機で吸う。
排気イイにお……ハッカの香りでちょっとマシに。

 

 

来年もやれよ…私。

熱しやすく冷めやすいので、来シーズンもやっているかはとても怪しい…。
しかし、現在に関してはかなり気に入ってます。

MAMAが大嫌いな虫の対策のために始めたのですが、掃除機が一番気に入ってるかも…比較的新しいのですが、あの排気の独特の臭いが軽減されて非常にウレシイ。


他にもたくさん使い方はあるようですが、何故かまったく興味が湧かない。
来年もやりなさいよ…私。
ヾ(^_^)BYE


 

まだ使ったことない…って方は、この記事忘れてキチンと調べてください。

BABYさん…初めて『麦茶』を飲む。

ようこそ『ぱまべろぐ』へ。
生後3ヶ月末…試飲。

 

 

水分補給?

離乳食が始まるまでは、基本的にミルク・母乳以外の飲み物は必要ないらしく、ミルク・母乳をちゃんと飲ませていれば水分補給も充分。

が、ベビー用品店では生後1ヶ月からのお茶も売っているし、その内飲ませるのなら試してみよう…何より『飲んでいる姿を見てみたい』という親のエゴで与えてみました。

コレを購入。
伊藤園 健康ミネラルむぎ茶 こどもむぎ茶(紙パック) (125ml×3本)×12個

と、その前に試飲。
当然ノンカフェイン…かつ苦みを抑えているらしいので少し薄めのようですが、じゅうぶん飲める。


人間性を疑われないために補足しておくと、スイマーバデビュー&初めての夏…汗も多くなっているだろうから『練習しよう』という真面目な理由もあるにはある。

 

 

1日目…さぁ、お飲みなさい。

お風呂上がりにパックから容器に移し、スプーンで飲ませることに。冷たいのはダメだろうから、白湯を少し足して温度調整も。


★ファーストアタック。
口に入れてやると、ペチャペチャ味わう…ノーリアクション。

セカンドアタック。
口に入れて…そのまま全部出る。

サードアタック。
口に入れて…ペチャペチャ。微妙な表情。

初めての『味』に戸惑っているのか?
やはり苦いのか?

“スプーン”に戸惑っているようにもみえる。

 

 

2日目…さぁ、どうだ?

全て前日通り。

★ファーストアタック。
ペチャペチャ…ノーリアクション。

セカンドアタック。
スプーンを傾けると…少し吸う。おぉ、進歩。

サードアタック。
ペチャペチャ…ノーリアクション。

 

 

結果発表&more…

飲ませた結果…良く分からん。嫌がる様子も、喜ぶ様子もなくといった感じ。
ただ、母乳以外の『味』に戸惑っているのはひしひしと伝わりました。

特に今、飲ませなければいけない理由もないので…たま〜に飲ませて慣れてくれればイイのかな〜。

そしてちょっと思うこと…
BABYの初めての『お茶』、スプーン数杯程度の練習から始めたいで…





コレくらいの量のモノが、ぜひ欲しい。

パックの残りは私がおいしくいただきました。
ではヾ(^_^)BYE

 

 

大人が飲んでも、ぜんぜんイケる。

どこが違う?激安フォトブックお試し注文。

どうも、もとひろです。
BABYの写真を手軽に残そう。

 

 

はじめに。

PCで画像の処理・補正やデータ作製等々…そういったコトが出来ないMAMA向けのフォトブック作成なので、全ての作業がスマホ(アプリ)で完結することを大前提としています。

悪しからず。
 
 

TOLOT

サイズ・ページ(写真)枚数・料金

●A6/64ページ(写真62枚)/500円(税・送料込)

 

用紙
表紙はマット紙、少し荒目で少し凸凹した感じの風合いがイイ

中身はマットコート紙。特に何とも…と、いった感じ。コピー用紙のような上質紙と比べると、発色は良いハズなのでOK。
  
ポイント
1写真単価は最高、なるべく写真を多く入れたい場合はココかな…。
ページ数があるので背中のタイトルが見やすく、並べて保管するのにはありがたい。『キット』と呼ばれるイラスト入りの表紙テンプレートもあるので、カワイイ仕上がりも可能。

参考リンク:TOLOT
 
 

nohana

サイズ・ページ(写真)枚数・料金
●14×14cm/20ページ(写真20枚)/540円(税込・送料別)、毎月1冊は送料のみで作成は無料!!
 
用紙
公式では『ラフ調塗工紙』との記載。表紙中身ともにマットコート紙だと思うのだけど、上質紙っぽいザラつきも少しあるような…感じ?
  
ポイント
写真20枚と多くはないけど月に1冊無料(送料216円のみ)は魅力的。スクエア型なのが好印象です。

追加オプションに高画質仕上げがあり、用紙・印刷機すべて違うらしいのでこちらがノハナの本気なのだと思う。

参考リンク:nohana
 
 

390(サンキュー)フォトブック

サイズ・ページ(写真)枚数・料金
●14.8×14.8cm/24ページ(写真25枚)/390円(税・送料込)
 
用紙
表紙はマット紙のニス加工…紙の上にコーティングがされている。耐久性は高い。
コーティングありですが、ツヤ消しなので落ちついた雰囲気。個人的にツヤ有り(グロス加工)は好みでない。

本文は書籍用紙、少し黄色っぽい用紙なのですが表紙の加工もあって、紙の『白っっっ!!』というギラつきがなくて良いと思う。
  
ポイント
6種類から選べる表紙テンプレートを選び、本文(中身)の余白部分にも柄が入るので少し小洒落た感じがあるかも。TOLOTの1枚単価には及ばないが、コミコミ390円はお手軽に作れる。

アプリを使わずスマホ用レイアウトページから作成できるので、余計なインストールしたくない場合はココがいいかな。

*390フォトブックは商品名、サイトはDNPのフォトブック。
参考リンク:DNPのフォトブック
 
 

しまうまPhotoBook

サイズ・ページ(写真)枚数・料金
●10.5×14.8cm/36ページ(写真25枚)/198円(税・送料別)
 
用紙
未確認 
ポイント
10.5×14.8cm(文庫本サイズ)〜14.8×21cm(A5)サイズで最大144ページが1,000円程度と100枚以上使えて驚きの安さ。
私の好きなスクエア型/144ページなら898円+税。

しかし…アプリが使いモノにならず、100枚以上の写真を時間をかけて選び…作成して

エラー。

注文できず、労力は水泡に。
修正されれば是非利用してみたいが…PCからの注文で試してみるか検討中。

*しまうまPhotoBookはアプリ(?)。サイトはSHIMAUMA PRINT。
参考リンク:SHIMAUMA PRINT
 
 

まとめ

仕上がりに関して
大差なし。
印刷方式なのか、ドットは微妙に荒い感じもしますが、そう思って見ないと分からない。写真プリントとはやはり違う。
発色も違和感なく、撮りっぱなしの暗い写真はしっかり暗くプリントされるのでご注意を。
用紙に関して

どこもペラペラな紙は使っていないので、チープな印象はありません。ポスター〜DM程度の厚さをイメージすれば、そんな感じ。
個人的にTOLOTは表紙の風合いが良く、390フォトブックはニス加工がイイ…お値段以上。

まとめ、のまとめ…
MAMAさんが撮りまくったBABYの写真を、『カタチ』に残すために今回4サイト試してみました。
そのMAMAさん的には、写真62枚500円のTOLOTさんがお気に入りのようで、(飽きなければ)月1冊BABYの記録を作るそうです。

私は“ここぞ”って時に、ガッチリしたモノをつくる担当です。
ではヾ(^_^)BYE



ご家庭のプリンタでなら、こんなのもあるよ。